有限会社ウェブ・ネットワーク・テクノロジー | ホーム

スマート・ソーシング

聴きなれない言葉かもしれません。「アウト・ソーシング」が、「外注」とするなら、 スマート・ソーシングは「お互いのコア・コンピテンシーを高めあうコラボレーション」といえます。

コストメリットだけではなく、ノウハウとしてコア・コンピテンシーにフィードバックされる。

今は、「アウト・ソーシング」から、「スマート・ソーシング」へと変わりつつある時代。

サービスウェア

聴きなれない言葉かもしれません。 ウェブネットワークテクノロジーは、ハードウェアでもなく、ソフトウェアでもなく、サービスウェアだけに、注力してまいりました。

サービスウェアとは、情報システムを構成するハードウェア、ソフトウェア、ミドルウェアなどからアプリケーションも含めた、お客様の円滑な業務運用を支援するものです。

開発会社は「開発」という専門分野に経営資源を集中してきました。経営効率の向上において、不可欠な条件であることは言うま でもありません。しかし 納品後のフォロー、サポート、クレーム対応に少なからぬ時間を割かざるを得ないのが実情ではないでしょ うか。さらには、追加の開発を依頼されたにもかかわらず、発生コストを請求できない状況も散見されます。なぜ このような状況に 追い込まれてしまうのでしょうか。それは、「開発」というフェーズと「運用」というフェーズを明確に分けていないからです。